MENU

社会貢献活動(CSR) 2014-2015年度

~すべての子供たちに笑顔、教育、そして未来を~

支援方針

途上国の学校は学習資材が十分でなく、満足に勉強できる環境ではありません。 私たちが十分な教育を受けれたのも、十分な環境が整っていたからです。 学習資材の代表的な「本」。 図書室が校内にない学校も多数ある中、 図書室の本は貴重品です。汚れないように、 なくならないように鍵がかけられ自由に本を読むことのできない子供たち。 当社は子供たちに本の楽しさを伝え、多くの本を贈ることを目標として活動しています。


支援内容

当社は売上の一部をNGO時遊人様に寄付し、主にベトナムへノートやペンなどの文房具やランドセルの寄贈、書籍の購入、また奨学金の支援を行っております。 NGO時遊人様と協力しあうことにより、継続的支援を行い、教育支援による識字率アップ、学力の向上など、将来的に考えられる貧困要素の抜本的改革につながる支援を中心に行っていきます。


ベトナム現地へ訪問

今回はNGO時遊人様主催でベトナムを訪問し、現地の子供たちに直接会う機会に恵まれました。 以前より支援しているハノイのタンタイン中学校とロックアン小学校に行って参りました。 タンタイン中学校では、今まで行ってきた支援に対しての御礼式典を開催して頂きました。 当日はベトナム教育省の方々も来られ、盛大な式となりました。 特に生徒たちが披露してくれたベトナム民族舞踊はとても素晴らしく、この日のために練習してくれたと思うと本当に感激の一言です。 ロックアン小学校では、当社従業員がランドセルやお菓子、寄付で集めた本などの筆記具を直接手渡しをすることで、現地の子供達との絆が強固になりました。 さらに授業の様子を見学させて頂いたり、寄付した本を図書室で整理するのを一緒に手伝ったりと、現地を訪問することでしかできない経験を数多くさせて頂けました。 タンタイン中学校とロックアン小学校では、弊社の寄付で特待生4名が奨学金を受けて進学されているとの報告を頂いております。 引き続き当社は現地の子供たちが質の高い教育をうけ、より良い未来を選択できるような支援をしていく予定です。 またベトナムだけではなく、今後も訪問する施設を増やし、活動を広げていく計画です。


Gallery